circle.png

「あなたと、自由で認めあう社会へ。」

思春期のころ、「まわりの人と違う」ということが 怖くてたまりませんでした。同性を好きになる気持ちを、 私自身がいちばん否定して、 自分は恥ずかしい存在だと思っていました。 ほんとうの自分を表現する言葉を奪われて、 口をつぐむ日々。 苦しくて押しつぶされそうになっていた 私を救ってくれたのは、 「話してくれてありがとう。気づいてあげられなくてごめんね」 と存在を丸ごと受け入れてくれた、周りの人たちの存在と、温かい言葉でした。

 

深く息ができるようになり、身体が軽くなりました。 でも、仲間たちが人知れずいじめに苦しみ、自殺に追い込まれている現状があります。 「普通」ではない見た目。「普通」ではない境遇。「普通」ではない生き方。 誰もが「自分は受け入れられていない」と感じたことがあると思います。 子どもを産んでいないから。 耳が聞こえないから。 給食費が払えないから。 出身が「みんなと違う」から。 同性が好きだから。 「普通ではない」「変わってる」「弱い立場に置かれている」 そんな理由で誰かが深く傷つけられたり、生きる場所が奪われることがこれ以上あっていいのでしょうか。

 

どんな人にとっても、社会をもっと息のしやすい場所にしたい。 差別や排除を恐れなくていい、誰もが自分らしく生きることのできる社会。「あなたと、自由で認めあう社会」をめざして、活動していきます。

​【ショートムービー】

「あなたと、自由で認めあう社会へ。」

​【参院選2019】

あなた「暮らしの安心」が最優先。

「だれ一人取り残さない」

国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の達成に取り組みます

増原ひろこ 事務所

〒602-0873 京都市上京区河原町通丸太町下る伊勢屋町406  マツヲビル1階

TEL.075(585)5015  FAX.075(585)5016

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸

© MASUHARA HIROKO All Rights Reserved